[PR] インテリア 雑貨 慢性炎症性腸疾患 | **C&C Diary** 慢性炎症性腸疾患 | **C&C Diary**

**C&C Diary**

Mダックスの優しい兄ちゃんちょこん♂と
お日さまになった可愛いお転婆娘くりん♀と
突然舞い降りた天使、末っ子ころん♀の日常です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
入院12日目。
そっか…12日目か…
なんだかもう1か月くらい病院にいる気がするな…

今日はなんだか精神的にまいってしまってて、ママちゃん心折れちゃってます。
なので最後の方はスルーしてください。。



昨日の午後は、くりんの大好きな実家のおかんを連れて病院に行きました。



肺炎とすい炎のせいで呼吸が辛そうで、下痢も相変わらず。

タンパクが低すぎるので輸血させてほしいと言われました。
事前に、必要になるかもしれないと先生のおうちのワンコさんで
クロスマッチテストをしてあったそうで、
夕方、大き目の注射器2本分の輸血をしました。

先生のワンコさんにはたくさんお礼を言いました。
くりんのためにありがとうね。。。



食道拡張は治りました。
肺炎がまた悪い病気を引き起こさないように祈るしかありません。



輸血中のくりん。
2時間以上、おかんとくりんの側についていましたが、
輸血はかなり時間がかかるので、一旦おうちに帰りました。

おかんを送って夜8時に再び病院に様子を見に行きましたが、
先生が出てこられなかったので、後で電話してみることにして
そのままうちに帰りました。

9時に電話を入れると、まだ輸血中だそうで、
「今の所落ち着いてウトウトしてますよ、今からでも会いに来ますか?」
って言われたけれど、さすがに疲れていたので
「落ち着いているなら大丈夫です…。」と昨日はゆっくり休みました。


そして今日。

朝9時過ぎに電話を入れてくりんの様子を伺いました。
貧血を起こしているとのことでした。
昨日輸血したけど、タンパクがやはり低く
今日もう一度輸血をするかもしれないとのことでした。

血液検査をお昼頃するから、2時か3時に電話下さいと言われました。
電話を入れると先生が診察中で電話に出れないので
折り返し連絡いたしますと言われました。

くりんの事が心配で心配でたまらなかったので、
今日中の仕事も午前中にすませて、早めに切り上げて帰ることにしました。

帰ると留守電に「落ち着いていますので面会に来てください。」
と入っていたので、すぐに病院に向かいました。



今日のお昼頃撮ったレントゲンでは、肺の白い影は薄くなってきていました。
でも、今日のくりんは昨日よりさらに元気がないように見えて、
「大丈夫なのか?」と聞いたところ、眠くなる点滴を入れているせいだと言われました。
今はゆっくりじっとしていたほうがよいみたいです。

体全体で辛そうに息をしながら、あっち向いたりこっち向いたり。
くりん…辛いんだろうな。。。ママちゃんが変わってあげたいな。。。
と、ウトウトしているくりんを長い間見つめていました。

先生たちが急にバタバタしだしたので、どうしたのかと思っていたら…。
くりんが入院するより前からずっと病院にいた、大きなワンコ。
どのような病気で入院していたのか、その経緯はわかりませんが
本日病院で息を引き取りました。

私はただただくりんを見つめていました。



くりんは絶対におうちに帰れるよ!帰れるからね!
そう心の中で言い続けていました。

夜、もう一度血液検査をして、タンパクが1.3まで下がっているようなら
もう一度輸血すると言われました。

「くりん!がんばれ!がんばれ!みんなが元気玉くれてるよ!」
ってガラス越しにくりんに伝えて帰ってきました。


帰ってきてちょこんの笑顔を見たら、声を出して泣いてしまいました。
今までたまってたものがドーっと吹き出した感じで、
ちょこんを抱えて大泣きしました。

このくりんの闘病日記も、これ以上書けない…。そう思ったけれど、
最後に必ずくりんが元気になった日記を書かなくてはいけない!
そう思って昨日からの事をやっと書きました。


書くことで少し落ち着いたかな。

また明日会いに行くよ〜!!くりんっ!!!!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
元気玉ありがとう。


JUGEMテーマ:ペット


 
| 慢性炎症性腸疾患 | 20:15 | comments(4) |
入院11日目。
昨日はあれから10時半過ぎにかかってきた病院からの電話で、
食道拡張がさらに進んだことと、肺が白くなってきているということで
先生が「あまりよろしくないなぁ〜」なんて言うもんだから
もう私の頭も真っ白になってしまって、
「何かあればまた連絡します!」って言われたけれど
大泣きしながら「行かなきゃ…行かなきゃ…」って着替え初めていたら
再び病院から電話。

「○○さん、先生が今からでも面会にこれますか?って言ってますけど」
「はい、今から行きます!!!」


・・・・・え…それって…

くりーーーーーーん。・゜゜・o(iДi)o・゜゜・

夜11時、パパちゃんの運転で病院へ向かいました。

くりん、酸素のお部屋で立ってシッポ振ってました。(泣)
おねぇさんが扉を開けてくれて、なでなでしてやることが出来ました。
くりんの顔見たら少し安心して涙が止まりませんでした。

「まだ泣くのは早い早い(^▽^;)」って先生に言われてしまいました。
だってーー・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。

あきらかに2時間前より広がった食道のレントゲンを見ました。
肺も少し白くなりかけていました。

すい臓も再び悪くなってきたのでお薬を変えて今晩は様子を見ます、
と言われ、昨日はおうちに帰ってきました。。。



そして今朝、8時半に様子を見に行きました。



くりん、しっかりママちゃんのお顔を見てくれました。

今朝5時ごろ撮ったレントゲンを見せてもらったところ、
昨日の夜より食道は狭まっていました。
ただ、やはり肺炎を起こしているので、酸素のお部屋にいます。



くりん、ゆっくり寝れた?



再びすい炎を起こしているため、また黒い下痢してます(´;ェ;`)



ママちゃんがそばにいると安心したお顔(*^-^)



しばらくここにいるからおねんねしなさい、くりん。



ママちゃんがどっかに行ってしまわないか心配なのか、
半目開けて寝てます(^。^;)

1時間ほどくりんの側でウトウト過ごして一旦帰ってきました。

午後からまた行ってきます。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
くりんに元気玉プリーズ!!↑ポチっ



JUGEMテーマ:ペット


 
| 慢性炎症性腸疾患 | 10:48 | comments(2) |
入院10日目。
昨日は、夜6時に再び病院へ連れて戻りました。
ほんとうはずっとおうちで一緒にいたかったけど…。

日曜日の午後はお休みのはずなのに、
この時間でも待合室にはたくさんのネコちゃんワンちゃん。

待合室で待っていると、毛布にくるまってじっとしてたくりんが
なんだかママちゃんの顔を見上げてモゾモゾ…。
あ、これは!と思ったので、シーツを持ってトイレに走って中に入ると…。
水水〜(´;ェ;`)ウゥ・・・。

これではやっぱりおうちではムリだよね…。
ごめんねくりん…。

すぐに中に呼ばれて再びお預かりとなりました。
「明日もまた来るからねっ!」ってくりんを置いて帰りました。。泣

そして今日も仕事から帰ってきてすぐに会いに行きました。



今日も元気ないなぁ〜(´;ェ;`)

今朝は自分でご飯食べたそうです。
でもゲージに戻すと足元フラフラ、ヨロヨロ…。



シーツをホリホリするから鼻の穴まで擦りむけて真っ赤だよw( ̄▽ ̄;)



痛そう…。お薬塗ってもなめちゃうんだろうな…。

すでに入院して10日経つけれど、
くりんはお薬の効きが悪いので、やはり腸の細胞検査を勧められ、
「今のくりんの体力で大丈夫なのか!?」と聞いたところ、
「1時間ほどの軽い麻酔で、処置自体は10分くらい。
切るといっても一針縫う程度の傷だし、できれば今晩にでもっ」て。。
「何かあればすぐに電話しますっ」て。

何かあったら困るんですけど!!!


しばし考えて、それでちゃんと原因が分かってくりんがよくなるならと、
お願いして帰ってきました。

・・・・・・・

と、ここまで書いてたら病院から電話。

私が帰った後から、嘔吐が激しくてお薬を処方されたそうです。
そして、レントゲンを撮ってみた所、食道拡張を起こしているそうです。
今はお薬が効いて落ち着いているとのことだけど…。

食道拡張症…。放置すれば肺炎になります。
くりん、2日ほど前からくしゃみして微熱があったのは
最初からそれだったんじゃないの!!って思ってしまいます。

1時間後に再びレントゲンを撮ってみて連絡くれることになってます。

さっきは、私も動揺してしまってしっかり言えなかったけど、
今晩くりんのお腹を切るなんてやめて!!って言わなきゃ。





JUGEMテーマ:ペット
| 慢性炎症性腸疾患 | 21:52 | comments(2) |